眼の病気Q&A

診療時間

午前 9:00-13:00/午後 14:00-18:30
(土曜は9:00-15:00)

 
午前
午後
  • 火曜、金曜 14:00~15:30は院長手術です。
  • 手術後、外来診療しています。

福ビル疋田眼科医院

福岡市中央区天神1-11-17 福ビル7F

西鉄バス 天神コア前バス停 徒歩1分
地下鉄 天神駅 徒歩1分
西鉄電車 福岡駅 徒歩4分
  • HOME
  • » 眼の病気Q&A

眼の病気Q&A

普段からのちょっとした眼の変化にも気を配りましょう。
早期発見・早期治療で快適な生活がいつまでも続きますように。

年齢とともに、視界がかすんだり、物が2重に見えることが増えてきましたが大丈夫でしょうか?

白内障の疑いがあります。白内障は年齢とともに水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。

病気が進行すると、物がかすんで見える、2重に見える、などの症状があらわれます。目薬などでの点眼で進行を遅らせることもできますが、根本的な治療にはなりません。
白内障については日帰り手術がございます。
ひどくなる前に一度ご相談ください。

白内障日帰り手術はこちら>>

見え方の比較写真(左上は正常、右上はコントラスト低下、左下は二重視、右下は三重視)

緑内障は薬物療法手術をすると完治しますか?

緑内障では、いったん悪くなった視力や視野を元どおりに戻す治療方法がありません。

いったん障害された神経線維はどのような治療を行っても回復しません
緑内障の治療目標は、治療により病気の進行を止めるか、できるだけ病気の進行速度を遅くすることしかできません。したがって、障害の程度が軽いうちに早期診断・早期治療することが非常に大切です。

緑内障の治療について>>

緑内障は放っておくとどうなりますか?

緑内障は失明になる病気ランキングで1位の病気です。当然、放っておくと
失明の危険性は高まります。

ただし、早期発見・早期治療をすることで、失明することも防げます。慢性な緑内障は自覚症状がないため、知らぬ間に進行していきますので気を付けましょう。

緑内障の治療について>>

緑内障になっても自分ではなかなか気づかないのでしょうか?

緑内障の中で最も多いタイプの慢性緑内障(正常眼圧緑内障)の進行速度は非常に緩慢で、大変気づきにくいのです。

慢性緑内障は急激に視野が狭くなるようなことはなく、もう片方の目が視野をカバーしたり、視野が無くなった部分があっても、頭が見えてるように見せかける機能を働かせたりするため、大変気づきにくいのです。
実際に、両眼とも鍵穴から物をのぞいて見ているような非常に視野の狭い末期の患者さんでも、自分の視野狭窄に気づいていないことがあります。

緑内障の治療について>>

緑内障はどんな人がかかり易いのですか?

緑内障に罹患しやすい人には下記のような特徴がよくみられるので、下記のような危険因子がある方は一度、検診を受けておくと安心です。

・血縁者に緑内障患者がいる人
・高年齢の遠視の人
・近視が強い人
・低血圧、片頭痛、冷え症、糖尿病、自己免疫疾患などの人
・眼底検査で視神経乳頭のサイズが大きい、小さい、先天的な異常のある人

緑内障の治療について>>

風景を見ていると、視界に糸くずや黒い影のようなものがぼんやり見えるのですが?

飛蚊症(ひぶんしょう)の疑いがあります。

飛蚊症は、物などを見ているときに、糸状やゴミ状の黒い虫のようなものが見える状態のことです。
早い方では20代でこのような症状が出る方もおられます。

飛蚊症について>>

飛蚊症の見え方の写真(左から点状・線状、墨汁状、輪っか状)

眼の中に黒い飛びもの(飛蚊症)に気づきましたが、心配ないでしょうか?

飛蚊症は眼の中の硝子体という部位に浮遊する濁りがあることを意味します。

原因で多いのは年齢変化で起こる後部硝子体剥離で、合併症としては、網膜に穴(網膜裂孔、網膜円孔)が開いたり、網膜剥離が起こることがあります。墨が流れたような飛蚊症は硝子体出血で、細かい点状、線状、膜状などの飛蚊症では眼の中の炎症(ぶどう膜炎)が起こっている可能性があります。
飛蚊症は重篤な眼の病気の兆候である場合もあるので、必ず、速やかに眼底検査を受けることが大切です。

飛蚊症について>>

暗いところで、ピカッと光が走って見えますが…

光視症(こうししょう)の疑いがあります。

光視症とは光が眼に当たっていないにもかかわらず、キラキラ、チカチカなど光の点滅を感じたり、稲妻のように光が走って見えたりする症状のことです。飛蚊症と同じく、網膜剥離や網膜裂孔が原因で起こる症状の一つです。  

中心部だけがかすんで、物がゆがんで見づらくなっているのですが、原因は何が考えられるでしょうか?

視野の中心部に、かすみや暗く色がついたりする症状を中心暗点といいます。中心暗点をきたす病気には視神経の炎症や循環障害のほかに黄斑部網膜(網膜の中で視力に最も大切な部位)の疾患が考えられます。

物が歪んでみえたり(歪視症)、物が小さく見えたり(小視症)、大きく見えたり(大視症)する症状が中心暗点と一緒に出ている場合には、黄斑部網膜の異常が考えられます。主な黄斑部網膜疾患には中心性脈絡網膜症、加齢黄斑変性症、黄斑上膜、糖尿病黄斑浮腫、黄斑円孔網膜剥離、近視性新生血管黄斑症などがあります。
いずれの病気も速やかに眼科を受診する必要があります。

ドライアイで眼が乾くのですが、原因は何ですか?

ドライアイは、涙の分泌量が減る、または涙の質が悪くなることで、眼を潤す力が低下し、眼表面にいろいろな病気をおこします。

更年期を過ぎた女性やコンタクトレンズの装用、オフィスワークでの近業作業など、眼のストレスが影響していることが多いです。 

目薬はどれでも使用していいんですか?

市販の目薬にも、裸眼用、コンタクト用など様々です。また、「他の人から勧められたから」などで安易に使用を始めるの控えた方がいいでしょう。

症状は人によって全く違うため、かえって症状を悪化させることにもつながりかねません。
また、眼科医から処方された目薬は、その患者様専用のものです。
他の方との貸し借りはお控えください。

コンタクトはアレルギー体質の人でも装用できますか?

まずは装用テストを行いましょう。かゆみや、充血、目ヤニが増えるなどの
症状が出てくる方もおられます。

このような症状は個人差はありますが、ほとんどの方は慣れることで解消される場合もあります。
ただし、装用者の現在の状況によりますので、詳しくはご相談ください。

コンタクトレンズを装用していて眼が痛くなりました。原因は何でしょうか?

黒目(角膜)に傷がついている状態が考えられます。

傷の原因の中で一番怖いのは病原微生物、例えば、細菌、ウィルス、アメーバーや真菌(カビ)などによる角膜感染です。最近、10~20歳代のコンタクトレンズ装用者で増加しているのは、緑膿菌やアカントアメーバーによる角膜感染症があります。
両原因とも緊急性のある病気なので、できるだけ早く治療を開始する必要があります。角膜感染症では早期治療が重要で、悪化すると治療が困難になり長期化したり、治っても視力が低下したままになることがあります。 
眼痛が出た場合は、早く眼科を受診して病初期のうちに治療を開始することが大切です。

オフィスワーカーですが、眼の周りや眼の奥が痛くなったり、肩こり、頭痛で悩まされています。どのようにしたら解消できるでしょうか?

長時間、パソコンなどの近距離で眼を酷使しているのが原因です。
人の眼は機械ではないので、せめて40分~60分に一度の休憩が必要です。

それに加え、近距離での仕事を長時間続ける場合、近距離作業に適した眼鏡を装用することが非常に有用です。近距離作業中に遠くがよく見えるようなコンタクトレンズや眼鏡を装用したままで仕事をすると、長時間ピントを近くまで寄せて、その状態を長く保つ必要があります。
このため、眼の中にある調節筋を酷使した状態になり、調節筋が筋肉疲労を起こしてしまいます。そのような状態になると、眼精疲労の諸症状だけでなくピントがあわないようになってしまいます。
症状改善には薬物療法も必要ですが、あくまでも薬物療法は補助的で、根本的な解決策としては適宜の休憩近距離作業に適した眼鏡が必要になるのでご相談ください。
また、眼を酷使する作業中は、コンタクトレンズでは眼に不都合なことが起きやすくなるので眼鏡が適しています。

コンタクトレンズ・眼鏡相談>>

お気軽に092-721-8307までお電話ください。診療時間は月曜から金曜は9:00~18:30、土曜は9:00~15:00です。アクセス情婦はこちらからどうぞ。